www.bright-white-light.com

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険略すと自賠責保険と言われるものです。自動車損害賠償責任保険は属に強制保険と言われ、車を定期車検に出す場合はその車検の期間に自賠責保険に加入している必要があります。つまり全ての車に加入義務のある保険です。それでは車が自賠責保険に加入したまま売却した際にはどうなるか考えてみましょう。自賠責保険というのは車検のときに更新するというケースが少なからず存在しますがもし強制保険に加入したクルマを売却したケースでは、払った金額が戻ってくることはほとんどないのが普通です。というのも自賠責保険を一回外して保有者に入れ替えるということはやや面倒くさいのです。そのため、強制保険(自賠責保険)の場合は名義変更後に自動車とともに手放すことが基本です。しかし、それと同じだけの額を買取金額に乗っけてくれます。自動車損害賠償責任保険という保険は自動車税と違い既に支払った額を月々で割り算した金額が戻ってくるわけではなく、買取額に足すという手段がとられるケースが基本なのですが、これが見積もりシートに明記されるケースはほぼありません。なので車買取時は強制保険(自賠責保険)の金額が買取額に含まれているかをチェックしたほうがいいでしょう。あなたが納めた額がどのくらいの金額かということを把握しておけば、間違いはないと思います。その自賠責保険にかかる金額については加入期間次第で違ってくるため注意が必要です。クルマの売却の時には自賠責の名義を変更することを忘れずに。もしも名義書き換えをしないままにしていたら、保険の提供元から自分に保険の満期を知らせる便りが来ることになります。売却を検討中の車が多少でも高く売却できることを応援したいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.bright-white-light.com All Rights Reserved.