または連続して為替市場に大きいインパクト

為替介入というのを耳にした事がありますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、ヤフー等の情報で見かけた人もいると思います。

初めから為替への介入というものは我が国では、・財務大臣が為替の沈着を実現できるように実施する戦略ということで評価されています。

要は、極端な円高・円安が起こると財務大臣の用命に従って中央銀行(日本銀行)日本円を売買して為替レートの安定化を狙うということです。

為替の介入にはいくつか方法があります。

1.単独介入・・・行政もしくは中央銀行(日本銀行)が東京での市場において自分から市場に参入してきて外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえ、各銀行などが持ち金を用い同時ないし随時外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。

3.委託介入・・・海外の銀行などに向けて介入の実施をお願いする。

4.逆委託介入・・・日銀が海外通貨当局に成り代わり外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

このように種類です。

どの種類の為替介入(外国為替平衡操作)も短期に、または連続して為替市場に大きいインパクトを与えるはずです。

外国為替平衡操作(為替介入)の資金はさすがに自分の国の面目をかけて行なうだけにスケールが違うのです。

円を例に説明すると、いつもは数銭ごとに変化する円相場が突発的に数円の動きをするのです。

個人で投資をしている方ならこれまでに経験があると推測できますが、今までは問題なく利益(もしくは損失)が増加していた持ち高をキープしていたにもかかわらず、保持している持ち高が決済となりましたとのことで報告がFX業者よりEメールが来ました。

どの程度得したのかな(赤字になったのか)?と考えながら決済状況を確認したところ、自分の中で推測していた状況とは真逆の状況となり目を丸くしたという事例がよくありました。

介入が行なわれるとよく起こることです。

以上のように介入が行なわれると、為替市場の動きと反対の動向をするものです。

それだけでなく動く金の幅は相当大きく変動しますので用心しましょう。

Link

Copyright © 1996 www.bright-white-light.com All Rights Reserved.